AI・CLINIC Vega

「AI・CLINIC Vega」は無床診療所向け、レセコン一体型の電子カルテシステムです。マニュアルいらずのわかりやすさと、信頼性の高さが特長です。
AIC株式会社では、「AI・CLINIC Vega」の販売と運用サポートを行っております。

AI・CLINIC Vega画像

マニュアル不要のカンタン操作

事前のマスタ登録なしで所見・オーダー・病名などをパターン化できます。スタンプを押す感覚でオーダーや処方の入力が可能です。
直観的でシンプルな画面構成なので、短時間で操作方法を習得できます。

特長
  • 入力しながらセット登録できます。
  • 診療後も含めた、患者さんごとのセット登録が可能。
  • 過去履歴からの一括DO入力、部分コピーも可能。
  • お好みに合わせて、自由に画面構成できます。
  • カルテ文字の色付け・強調表示なども可能です。

AI・CLINIC Vega入力画面

豊富なチェック機能

入力時、オーダー処方チェックにより医療事故を防ぎます。
禁忌薬剤、アレルギー登録された薬剤の処方を事前に回避します。

AI・CLINIC Vega チェック機能

電子カルテの三原則を守っています

AI・CLINIC Vegaは、300床クラスの病院で開発したオーダーエントリーシステムを基盤としたシステムです。
レセコン一体型電子カルテシステムとして、電子カルテの三原則の順守はもとより、医事会計情報、オーダー、カルテ情報のデータの整合性も保たれております。
どうぞ安心してお使いください。

レセコン完全一体型

オーダー、診察、会計、レセプト業務がAI・CLINIC Vegaのみで行えます。レセプト専用の端末(レセコン)が不要で、コンピューターが増えすぎません。

また、スムーズな受付・会計により、患者様の実質待ち時間0分を実現します。

AI・CLINIC Vega レセコン一体型

中規模診療所にも対応

無床診療所向け電子カルテシステムでありながら、複数診療科、小規模~中規模の診療所にも対応可能。診療所の規模に合わせて構成できます。(30台以上の接続実績あり。さらに多数の接続についても一度ご相談ください)

導入構成の例

AI・CLINIC Vega 様々な運用に対応

サーバー サーバー機にはRAID1構成を採用し、1つのデータを2台のハードディスクに同時に記録します。
UPS(無停電電源装置) 緊急用の電源装置です。突発的な停電時などに働き、データを保存する時間をかせぎます。基本的にサーバー機に接続します。
外付けHDD バックアップ装置です。データは、サーバー、バックアップクライアント、外付けHDDの3か所に保存されます。
クライアント① ③ 受付に設置し、カルテ作成や保険確認・会計確認などを行います。
クライアント②
兼バックアップクライアント
診察室に設置し、医師が診察内容やオーダーの入力を行います。なお、サーバー機がダウンした時にはサーバー機として稼働します。
プリンタ① 受付に設置し、各種印刷を行います。(カルテ、領収書、処方箋、レセプトなど)
プリンタ② 処置室に設置し、指示箋が出力されます。

まずはオーダリングからでも

紙カルテを残したい、電子カルテはまだ……とお考えの場合は、紙カルテをそのまま利用し、オーダーリングのみシステム化することも可能です。
AI・CLINIC Vegaでオーダー(処方、検査、処置等)を実施するとオーダー内容をシールに印刷することができるので、シールをカルテに貼ることでオーダーリングシステムとして稼働できます。

電子カルテとして利用したくなったらいつでも段階的移行が可能です。

ラベルプリンタ
シール印刷
カルテに貼り付け

安心のバックアップ

データはサーバー、バックアップクライアント、外付けハードディスクの3ヶ所に保存します。

サーバー障害時は、バックアップクライアントがサーバー機として稼働します。
(カルテデータはPDF形式にて、障害時にもカルテの参照・印刷が可能です。)

AI・CLINIC Vega バックアップ

豊富なオプション

AI・CLINIC Vegaは様々なオプションをご用意しています。
診療所の運用に合わせてご提案しますので、疑問点やご要望など何でもご相談ください。

例えば、事前に作成した雛形レポートを使用して入力した内容を、カルテ所見欄(SOAPF)に反映します。
加えて、ファイリング画面に自動保存も可能です。
なお、入力途中での一時保存も可能で、レポート印刷機能も有します。

AI・CLINIC Vega 各種オプション